LINE Payカードの支払いでキャンセルされた分の返金が2ヶ月経っても戻ってこないので問い合わせしてみた・その2。

ここまでの経緯はこちら→LINE Payカードの支払いでキャンセルされた分の返金が2ヶ月経っても戻ってこないので問い合わせしてみた・その1。 | SohoFreak -ソーホーフリーク-

LINE Payカードでオンライン決済するもキャンセルされ、2ヶ月経っていまだに支払った分の金額が戻って来る気配なしでしたが、2日月経過した後、LINE Pay問い合わせフォームから問い合わせしたところ、2日後に無事返金されました。

返金処理がされると「LINEウォレット」のトークルームにお知らせが届きました。これで終了かな?何はともあれ、これで不安事がひとつ減りました。

タイミング的に考えると、やはり問い合わせしたことで、処理してくれたのではないかと思われます。

LINE Payがなかなか返金されない時の対処法まとめ。

ということで、ぼくのようにLINE Payで支払った後、キャンセルから長い時間経っても減った残高が返金されない場合の対処法をまとめておきます。

1.キャンセルから2週間は待つ。

2-1.キャンセルから2週間経過しても、返金されない場合、急ぎならLINE Payの「問い合わせフォーム」から問い合わせをする。

問い合わせの選択は以下

  • 問題発生機>(利用した端末)
  • サービス>LINE Payカード
  • カテゴリ>決済
  • 詳細>決済のキャンセル

キャンセル発生時のメールなどがあればスクリーンショットの画像なども添付できます。

2-2.急がない場合、キャンセルから2ヶ月待機。それでも返金がない場合はLINE Payの「問い合わせフォーム」から問い合わせをする。内容は上記と同様です。

といった感じ。

キャッスレス決済を使いこなすには、ユーザー側のアクションが不可欠。

LINE Pay側のレギュレーションはわかりませんが、2ヶ月待ったぼくの場合、問い合わせから2日後には返金されました。勝手な予想ですが、支払い処理を待たせている期間の長いユーザーほど早く対処してくれるのではないかと…。(わかりませんが。

ぼくの場合、後々たらいまわしされるのが嫌だったので、LINE Payへの問い合わせの前にキャンセルした販売店(ぼくの場合はAdobe)にも問い合わせをしたりと、本来自動で返金されれば、消費しなくて良い時間を消費させられましたし、やっぱりトラブル感は残ります。返金に2ヶ月って…。

キャッシュレスはキャンペーンもお得で便利なんだけど、この辺もう少し安心感がないと、親世代の年配の人とかにはなかなか人に勧められないんですよね。導入するための申し込みもかなり複雑ですし。

調べてみると、ここ最近LINE PayではPayPalなどの支払いで多重決済などのトラブルの発生も多かったようで、そうなると、最悪の場合、三箇所(販売店、PayPal、LINE Pay)に自分で問い合わせしないといけないとか…、考えただけで嫌になりそう。みんな大変だよなぁ。

電子決済なので、履歴がちゃんと残っていて話が早いなどメリットもあるんですけどね、ユーザーが調べたり勉強したりして、アクションしないと安全に使えないのは大変ですね。

ということで、問い合わせしないと返金されないケースもありそうなので、みなさんご注意を。