フリーランスはそろそろe-TAX(電子申告)の準備を!平成32年分(2020年分) の確定申告から、e-TAXで申告しないと、青色申告特別控除額が10万円減るって知ってた?

みなさん確定申告は進んでますか? ぼくはあと少しです。

今回の確定申告は「ID・パスワード方式」のe-TAXで行う予定なので色々調べていたところ、過去の重要なニュースを見逃していたことがわかりました…。少しでも周知しておきたいと記事にしておきます。

平成32年分(2020年分) の確定申告から、青色申告特別控除額と基礎控除額が変わります。

なんと、平成32年分の確定申告から、青色申告特別控除額と基礎控除額がそれぞれ変更になります。

国税庁のお知らせはこちら→ 青色申告特別控除額 が変わります!! 基礎控除額 – 国税庁

詳しくは、国税庁のお知らせなどを読んでもらえればと思いますが、要点まとめておきます。

ちなみに、複式簿記のいらない簡単な青色申告で10万円の控除の人はそのまま変更なしとのこと。

青色申告特別控除額65万円控除のための要件が追加される。

青色申告者が今まで通り、65万円の控除を受けるには、以下のいずれかの要件を満たす必要があり。

  • e-Tax による申告(電子申告)
  • 電子帳簿保存

いままで、紙ベースで提出していた人はそろそろこの辺りの準備を考え始めた方が良いかもしれません。

特に、帳簿を電子データのままで保存できる「電子帳簿保存制度」は、帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があるとのことなので、要注意。

ただし、

平成32(2020)年分に限っては、
平成32(2020)年9月29日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年12月31日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65万円の青色申告特別控除を受けることができます


ということで、若干スケジュールに猶予あり。

まぁ、いずれかで良いのでe-TAXを行うならば、電子帳簿の申請も必須ではないですが、紙を減らせれば経費も削減できますし、なんといってもエコですからね。

基礎控除額が10万円引き上げ!(ただし年収2400万円以下の場合)

基礎控除は、これまでの38万円から48万円に引き上げられます!これは嬉しいですね。

ただし、今まで一律だった基礎控除額ですが、個人の合計所得金額に応じて控除額が下がっていくことに。2,400万円を超える人には引き下げになります。

  • 2,400 万円以下の控除額= 48 万円
  • 2,400 万円超 2,450 万円以下の控除額=32 万円
  • 2,450 万円超 2,500 万円以下の控除額=16 万円
  • 2,500 万円超の控除額=0円

国税庁のページではこちら → 平成30年分 所得税の改正のあらまし(平成30年4月)(PDF/295KB)
⑶ 基礎控除(所法 86 等)あたりに書いてあります。

ということで、確定申告者は今後、e-TAX(電子申請)へ移行していく流れが加速するでしょうね。今年はまだ良いとしても来年はe-TAXにトライしてみることをおすすめします。

マイナンバーカードやICカードリーダーが手元になくてもできる「ID・パスワード方式」今なら行えるので、まだe-TAXを利用したことのない人はぜひ。ぼくも今年から始めます。