【iPhoneのお得な運用方法】今ならiPhone6SのSIMロック解除品が狙い目。

正月に実家へ行った際に、ついに父親もガラケーからスマホへ変えるかという話になった。

というのも、以前から母がぼくの使用していたiPhone 6Plus を格安SIMのmineoのデータSIM(シングルタイプ)で利用していたんだけど、それを見ていて便利さに気づいたらしい。

ということで、さっそくiPhoneを探してみて、現在の状況を把握したのでメモしておきます。

お得にiPhoneを購入したい人の参考になれば幸い。

安価なiPhoneを探しているなら、今狙い目は「iPhone6S」。

初めてスマホに触る高齢者にとっては、高性能なスマホは必要ない。それに加え、母がiPhone を使用しているので、わからないことあれば母が教えることもできるので、同じiPhoneを選びたいところ。

ということで、狙い目は安価なiPhoneということに。

現在、安価なiPhoneといえば、iPhone 7、iPhone 6S、iPhoneSE、iPhone 6 などだけど、結局iPhone6Sを購入しました。その理由と経緯など書いておきます。

iPhoneの中古市場を調査〜購入にいたるまで。

予算を3万円までと定め、中古市場を中心に調査。秋葉原のイオシスやソフマップなどの実店舗も見に行きましたが、なかなか良い端末はありませんでした。

実店舗はバッテリーの状況の最大容量がわからない。

今のiPhoneだと、設定からバッテリーの状況がわかるんですが、実店舗だとその操作までたどり着ける端末はほぼなし。ネットワークに接続できないので最初の画面から先に進めないんですよね。また、店員さんもそこまでは教えてくれない店舗がほとんど(聞いてもめんどくさそうです…。)

そういった実態もあり、オークション含むネット通販の方が断然探しやすかったです。

また、価格もネットの方が割安。やはり実店舗は人件費&家賃分高い印象でした。

Ymobile!のSIMロック解除品をオークションで購入。

結局ヤフオクでY!mobileのSIMロック解除品を落札しました。

2019年1月中旬現在、iPhone 6S の32GBの未使用品が、大体3万円前後が相場のようです。

iPhone6Sは、昨年9月よりdocomo withの対象端末になったことと、10月にはY!mobileで取り扱いが始まったこともあり、かなり値下がりしてきていますよ。

ちなみに、今回、iPhone7は予算オーバーのためなし。

iPhone6は発売時期の関係でSIMロック解除ができない端末がほとんど。必然的に格安SIMの使いやすいdocomoの端末を探すことになりますが、未使用中古含め、数が少ないので状態の良いものを探すのはきつかったです。

注意したいのはSIMロック解除品を購入することと、ネットワーク制限が○であることを確認すること。

トラブル面で、オークションって精神的にちょっと買いにくいんですが、出品者の評価などをよく見れば大丈夫。なるべくIT、ガジェット系を多く売買している出品者なら説明や取り扱いが適切な人が多く、いくらか安心かと思います。

今から探すなら、Y!mobileのiPhone6S契約で良いかも。

ちょうどぼくが購入した直後に、発表されたんですが…、Y!mobileがPhone6Sの値下げを発表。

ワイモバイルが「iPhone6s」を値下げ 新規・MNPなら32GBが一括540円 - ライブドアニュース
Y!mobileがiPhone 6sを最終処分価格に値下げ!ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「-->-->-->-->-->-->-->-->ワイモバイルオンラインストア」においてス

計算してみましたが、今回のぼくのケース(オークションでiPhone6Sの未使用品を購入して、格安SIMで運用)と、Y!mobileでPhone6Sを契約するのでほぼかかる料金は変わらなくなってました。

2年契約にはなりますが、Y!mobileなら国内通話10分無料もついているので、今から購入するならまずY!mobileを検討してみるのが良いかと思います。

詳細はY!mobileのページで確認できます。詳しくは下記バナー先でどうぞ。