OCNモバイルONEへMNPを利用して容量シェアでSIMを追加する方法。

現在、メインのスマホをOCNモバイルONEの音声対応SIMで、必要最低限の110MB/1日のコースで運用中です。通信容量を使用する作業は、ほぼ自宅のWiFiで運用しているのでこれで賄えています。

今回は妻のスマホを、OCNモバイルONEの「容量シェア」という通信容量のシェアを使用して、さらに通信費を安く運用したいと思います。

容量シェアとは

OCN モバイル ONEは、ご契約の通信容量を最大合計5枚のSIMカードでシェアすることができます。
家族で通信容量をシェアしたい方、スマートフォン・タブレット端末・ゲーム機などの複数の端末を利用する方などにおすすめです。

容量シェアには通話SIMも選択可能なのです! 

ということで、契約している容量を追加したSIMとわけあえる容量シェアで節約することにしました。

ちなみに、容量シェアで追加するSIMの金額はこちら。

ぼくが申し込む音声対応SIMだと月に1,100円(税抜)。容量は1回線のシェアとなりますが、通常の契約に比べやはり安いです。

注意点としては、容量シェアは同一名義でないと利用できないということ。

家族全員が他社のスマホをお使いで、さらに名義が異なる場合、ご利用名義をすべて同じ名義に変更してから「MNP予約番号」の取得手続をしてください。
ご利用名義が異なったまま、乗り換え用の「MNP予約番号」を発行した場合、容量シェアを利用してOCN モバイル ONEに乗り換えることができません


もし家族の回線が別名義の場合、自分の名義に変更して置く必要があります。

容量シェアの申し込み方法

OCNモバイルONEの「容量シェア」のページ、もしくはOCNマイページの「追加の手続き」の項目から申し込みができます。

追加の手続き」の項目から申し込みができます。


どちらから進んでも「OCNマイページ」へ飛ばされて、必要事項を記入していくだけ。

MNPの場合、MNP予約番号と、予約有効期限の入力が必要なのでお忘れなく。

MNPを利用した容量シェアの申し込みが一通り済むと、「本人確認の書類をアップロードしてください」と促されます。

同一名義でのSIMの追加でも本人確認の書類の提出(アップロード)が必要なんですね。要注意。

MVNOの本人確認は免許証が最適。顔写真付きなら一枚で済みます。以前、顔写真なしの保健証だけを本人確認書類としてアップロードしたところ、受け付けてもらえずMNP有効期限が切れてしまった失態を招いているので今回は免許証をアップしました。顔写真はずかしいよぅ…。

以上、OCNモバイルONEのMNPを利用した、容量シェアの申し込み でした。

10分もかからず申し込み完了。本人確認書類少々手間ですが、スマホで撮影するだけなので楽です。スマホカメラの進化に感謝。

毎日外出しないなら110MB/1日コースがおすすめ。

今回申し込んだ「OCNモバイルONEの110MB/1日コース(音声対応SIM)」ですが、ぼくのようにネット回線を引いているSOHO、在宅ワークなどで仕事する人にはうってつけなんです。自宅での通信はWiFiで済む人ならぜひおすすめしたいです。

逆に毎日通勤や、通学の際、外で通信をガンガンしたい人はやめた方が良いですw。

毎日、モバイル回線でどれだけ通信しているか確認してみて、100MBも使わないならぜひ一度、検討してみてほしいです。

詳しくは、このブログでも書いてますのでよろしければ参考にしてください。

フリーランス向け、おすすめの格安SIM。OCNモバイルONE。
フリーランスになったら見直したい支出であるのが固定費。その中でもスマホの通信費は毎月かかってくるので、節約できれば効果が大きい。今すぐにでも節約できるカテゴリなので、まだ、docomo、au、SoftBankを利用中なら一度乗り換えを検...