デザイナーに朗報!アドビがほぼフル機能のPhotoshop「Photoshop CC for iPad」を2019年、iPadに投入へ。

グラフィックデザイナーをはじめとしたクリエイターに楽しみなニュースが!

アドビがほぼフル機能のPhotoshopをiPadに投入へ PC用機能を実現 - ライブドアニュース
Adobe、レイヤーなど(ほぼ)フル機能を備えたPhotoshop CC for iPadを来年投入へ〜ビットマップとベクターを同時に扱えるProject Geminiも開発中、Project RushはPremiere Rush CCとして正式発表、急速にマルチデバ

昨日アメリカで行われたAdobeのカンファレンス「Adobe MAX」にて、発表された模様。

Adobeのオフィシャルサイトにもリリースがありますが(アドビ、Adobe MAX 2018で次世代のAdobe Creative Cloudを発表 | Adobe)、どちらかというと、ニュースサイトの方が詳しく解説してくれています。

Photoshop CC for iPad

Adobeの画像編集ソフト「Photoshop」が、iPadで動く日が意外と早く来そう。2019年って来年じゃないですか…。

詳しくは、ニュースに書いてありますが、

つまり簡単にいってしまえば、今Windows/macOSのPhotoshop CCで出来ていることは、Photoshop CC for iPadでも出来るようになる。

livedoorNewsから引用

ということで、今までのPhotoshop Sketchなどの機能が限定的なiPad用アプリとは異なり、ほぼPhotoshopとのこと。これは期待せざるおえない。

iPad版Photoshop CC:タッチ操作でコントロールできるよう再設計されたiPad版Photoshop CCは、デスクトップ版と同じパワーと精確さを受け継いでいます。つまり、iPad版PhotoshopでPSDのネイティブファイルをそのまま開いて業界標準と言えるPhotoshopの画像編集ツールで編集ができ、使い慣れたレイヤーパネルも装備されます。マルチデバイス対応のPhotoshop CCは、iPad版が2019年に提供開始予定です。iPadで編集作業を開始し、すべての編集内容をCreative Cloudを介してデスクトップ版Photoshop CCで引き継ぎ、両者間を行き来して編集をすることができます。

Adobeオフィシャルページから引用
(画像はlivedoor NEWSから引用)

これが、「Photoshop CC for iPad」の画面。ちゃんとレイヤーが別れてます。

あとは操作性が気になります。タブレットなのでタッチパネルで操作とのことですが、指だと長時間はキツそうです。ApplePencilは必須になりそうだなぁ。解像度の高い印刷データとかはメモリ的にどうなんだろう…とかとか。CCということで、料金体系も気になりますし…。

Photoshop CC for iPadの登場で、デザイナーの環境もガラッと変わりそうな予感がします。今まではMacBook Proが一番使い勝手が良かったけれど、Photoshop CC for iPadがリリースされたら、出先ではiPadを使うデザイナーも増えそうな気がします…。気になる続報を待ちましょう。

その他にも、Photoshop+IllustratorとなるProject Gemini(プロジェクトジェムナイ)の開発や、動画編集ソフトPremiereのマルチデバイスに対応した「Premiere Rush CC」の発表などもあり。デザイナーはじめ、クリエイターの仕事環境の自由度が広がっていきますね。