三井住友VISAカードのマイぺいす・リボを登録して年会費を無料にするウラ技。

今まで、“リボ払い”という言葉に抵抗があったんだけど、先日Amazon MasterGoldカードを発行した時に、年会費半額特典目的でマイ・ペイすリボを申し込み。

Amazon MasterCardゴールドが審査通過。フリーランスでも持てるプライム会員向けゴールドカードの申し込み注意点など。
先日のキャンペーンに合わせ、Amazon MasterGoldカードを申し込みしました。ちょっと、ドキドキしたけれど結果としては、無事発行完了。ぼく自身、初めてのゴールドカード。今まで、ゴールドカードなんて必要ないと思っていたけ...

それに伴い、以前から使用している 三井住友VISAカード の方も、マイ・ペイすリボに支払い方法を切り替え申し込みしました。

リボ払い手数料を払わずに、年会費無料にしたしと思います!

マイ・ペイすリボとは?

毎月の支払い金額を自分で決める支払い方法。

最低支払い金額は5,000円〜。

カードの支払い限度額(0万円~200万円)を「マイ・ペイすリボ」設定金額とすることで、実質的に一回払いとすることが可能。

リボ払いの手数料は年利は15%ですが、「マイ・ペイすリボ」設定金額=カードの限度額にすることで手数料を回避することができます。

マイ・ペイすリボとは|クレジットカードの三井住友VISAカード

マイ・ペイすリボの特典。年一回の使用で、年会費が無料。

なぜ、わざわざマイ・ペイすリボの登録をするかというと、三井住友VISAカードの年会費が無料になる条件に、マイ・ペイすリボの登録と利用があるからなんです。

これはオフィシャルでも、オススメしている方法

三井住友VISAカードの年会費は割引、無料にできるの?|クレジットカードの三井住友VISAカード

「マイ・ペイすリボに登録のうえ、年1回以上カードを利用すれば翌年度の年会費が無料」なんです。

三井住友VISAカードの年会費は税抜1,250円。これが無料になります。

マイ・ペイすリボの登録と増額方法。

マイ・ペイすリボへの登録方法

三井住友カード会員向けインターネットサービスVpassにログインします。

「マイ・ペイすリボ」の申し込みページへ移動。(メニューの「リボ払い&キャッシング」>「マイ・ペイすリボのお申し込み」)

申し込み時に、利用限度額まであげておきましょう。(たしかMAXまで上げられたと思います。)

ぼくの場合、カード利用枠90万円のうち、内リボ払い枠が70万円だったため、「マイ・ペイすリボ」の支払い限度額は70万円が上限でした。

マイ・ペイすリボ登録後の増額方法

マイ・ペイすリボ登録後の増額や、金額の確認は…
マイ・ペイすリボ>「お支払金額変更」から

「増額を申し込む」でできます。

後ほど増額する人や、ちゃんと上限金額で設定できているか気になる人は確認しておきましょう。

以上はネットからの設定方法。電話でもできるので、ネット環境のない場合は電話でどうぞ。

もっと早くしておけばよかった年会費無料ワザ。

マイ・ペイすリボへの抵抗感から8年くらいずっと年会費を払ってました…。

今回、年会費10,800円(税込)というAmazon MasterGoldカードを発行したことで、三井住友VISAカードの方もようやく呪縛から解き放たれましたー!わーい。

プロパーカードゆえ、解約をしたくないため、年会費をい払っていましたがもうこれで年一回の利用は必要ですが年会費無料。年に1,300円程度とわずかですが、節約できます。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボや、JCBカードの支払い名人など自動リボサービスは、一回で払えるのにわざわざリボにするというのがかなりの抵抗感ですが、特典をよく吟味して、必要であればうまく利用していきたいところです。