ポイント還元目当てでAmazonギフト券の現金チャージを試してみたら、ネットバンキングの対応銀行がたった3つだけだったので要注意。しかもネット銀行のみ。

Amazonは現金チャージもアツい!

Amazonで買い物する際、Amazonギフト券を「現金チャージ」するという方法があるんですが、それを利用すると、Amazonポイントが2.0%〜2.5%還元されます。

ただし、還元されるパーセンテージは、一回のチャージ金額とプライム会員か否かにより異なります。

ぼくも実際、Amazon Mastercardゴールドを申し込む前に、何度か利用しましたが、現金で購入するよりはちろんお得ですし、チャージ金額によっては、手持ちのクレジットカードで買うよりもお得になるケースがままあります。

現金の支払い方は4つ。

現金でチャージする方法は4つあります。

  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
  • 電子マネー払い

コンビニやATMは行くのがだるいし、電子マネーはオートチャージじゃないと残高が心配だしで、この中だとネットバンキングが一番手間がなくシンプルな決済方法なんですが、ネットバンキングできる銀行が限られているので要注意です。

ネットバンキングは、ジャパンネット銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行のみ。

ぼくも実際、現金チャージをしてみるまで知らなかったんですが、ネットバンキングの対応は、たった3銀行ないんです…。

ネットバンキングでのお支払い
このお支払い方法が利用できるネットバンクは以下の通りです。


・ジャパンネット銀行
・じぶん銀行
・住信SBIネット銀行


「お支払い番号お知らせメール」に記載されているURLからネットバンクを選択いただき、画面の表示に従ってお支払いください。

Amazon.co.jpより

ぼくは、住信SBIネット銀行に口座があったので、そのまますぐに手続きを進行できましたが、どの銀行にも口座がない場合、口座作らないといけないのでかなり手間。

ちなみにSBIネット銀行の場合、「スマート認証」のアプリが必要。

スマート認証

スマート認証

住信SBIネット銀行株式会社無料posted withアプリーチ

スマート認証はわりとすぐ終わります。スマート認証は「SBI銀行」本体のログイン認証にも使えるので、むしろ設定しておきましょう。

完了するとすぐにギフト券残高にチャージ金額が反映されます。

チャージがめんどくさい人は、やっぱりAmazon Mastercardの方がおすすめ。

結局、ぼくは一回Amazonギフト券を現金でチャージしただけで、その後はしてないです。

一気に10万円入れられる人にはまだ良いと思うんですが。購入する分だけチャージするには、めんどくさいんですよね。やはりクレカ決済の便利さを知っているとなおさら。

10万円で2.0%〜2.5%の還元率なら、Amazon Mastercardクラシック、もしくはAmazon Mastercardゴールドを申し込んで、使用した方が同じ還元率ではるかに楽。

Amazon内での購入に限り、Amazon Mastercardクラシックで2.0%。Amazon Mastercardゴールドで2.5%の還元です。しかもいくらからでも還元してくれます。

ということで、Amazonの現金チャージお得ではあるんですが、対応しているネットバンクが少ないなど注意が必要です。

じぶん銀行はあまりオススメしませんが、SBI銀行とジャパンネット銀行は便利なので口座1つくらいあっても良いかと思います。

Amazon Mastercardについてはこちらの記事にも詳しく書いているので、よければ参考にどうぞ。

Amazon MasterCardゴールドが審査通過。フリーランスでも持てるプライム会員向けゴールドカードの申し込み注意点など。
先日のキャンペーンに合わせ、Amazon MasterGoldカードを申し込みしました。ちょっと、ドキドキしたけれど結果としては、無事発行完了。ぼく自身、初めてのゴールドカード。今まで、ゴールドカードなんて必要ないと思っていたけ...