クレカやPaypalで契約中のDropbox Plusを3年版ライセンスキーで更新する方法。

本日はDropbox Plusの更新日でした。

これからもDropbox Plusを使う予定なので、5ヶ月前に3年版のライセンスキーをソースネクストe-SHOPのセールで購入済み。

DropBoxの3年版を購入して、クラウドサービス経費を節約。
先日紹介したDropBox3年版の激安セール。 結局自分でも購入しました。 先払いだから、今現在のお財布には厳しいんだけど、DropBoxを使い続ける予定がある場合、長い目でみれば少なくとも14,000円以上の節約になる計算です。 ソ...

本日、Dropbox Plusライセンスキーを使用して、無事更新できました。

 

若干、通常の更新と異なるため、ライセンスキーを使用したDropbox Plusの更新方法ついて簡単に書いておきます。

ライセンスキーを使用したDropbox Proの更新方法

1.年間プランにてDropbox Plusを契約中の人は、契約更新日までにプランをキャンセルしておきます。クレジットカードやPaypalで自動更新にしている人は特にお忘れなく。契約終了日まではDropbox Plusの機能全てが使えますのでご安心を。

2.契約終了日以降、Dropbox Basicにダウングレードされると赤いボックスで下記のようなアラートがでます。

これが確認できたら、購入時にソースネクストから送られてきたライセンスキーのメールに記載されているライセンスキー入力ページURLからDropboxアカウントへログインした状態で下記のページに飛びます。

■ライセンスキー用の入力ページ https://www.dropbox.com/pro/redeem_key

 

すると上記のページに移遷するので、入力欄にライセンスキーをコピー&ペースト。国は日本を選択して“Dropbox Plus の利用を開始する”のボタンをクリック。デフォルトだとアメリカになっているので注意!

3.これでDropbox Plusへの更新は完了。(正確にはライセンスキーで契約し直し)

一度、Dropbox Basicにダウングレードしましたが、以前から保存していたデータは無事そのままです。(自分の場合360GBくらい使ってました。

念のため支払い履歴を確認。

無事、3年分更新されていました。よかったー。

 

ポイントをまとめると

  • Dropbox Plusのプランをを早めにキャンセルして、契約期間終了後にDropbox Basicにダウングレードされたことを確認する。
  • その後に、ログインした状態でライセンスキー入力ページURL(https://www.dropbox.com/pro/redeem_key)へ移動し、購入したライセンスキーを入力してDropbox Plusを利用開始。

終わってみれば簡単でしたが、すでにDropbox Plusを契約中の人は間違えるとそのままクレカやPaypalで契約更新しちゃいそうなので、気をつけてください。