Apple Keybordテンキー付きからテンキー無しMagicKeyboadへ買い替えした理由。

先日、キーボードを買い替えました。

今まで使用していたのは、アップル Apple Keyboard (テンキー付き) -JIS MB110J/Aです。
アップル Apple Keyboard (テンキー付き) -JIS MB110J/A

Macアクセサリレビュー。Apple KeyboardとMagic Mouse 2。
仕事をする上で、MacBookProをメインにしようと、デスクトップから、ノートパソコンへ移行中。 仕事の内容は主に、グラフィックデザインなので、マウスが必要。 今まで、WindowsではLogocoolの高解像度マウスG700Sを使っ...

このキーボード。本当に最悪でした。というのも、他のMacとキーボードの配列が異なる。ちなみにこのキーボード、もうApple直販してませんよ! 廃番です!!(怒


左がMacBookPro 右が使っていたJIS MB110J/A。
左最下部、capsキーの有無でoptionキー、commandキーの位置がずれてます。

illustratorとPhotoShopを毎日使う身としては、ノートで使用するときと、PCモニタで作業するときで、シュートカットのたびに感覚が違うので、押し間違えてなんども直すのが苦痛で苦痛で…。

指の押し方の形が違うので、馴染まないんですよね。もしかしたら問題なくいけるかと思って一ヶ月我慢したんだけど、これはだめだと結局MacBookProと同じ配列のキーボードApple Magic Keyboard – JIS MLA22J/Aに変更しました。
Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A
これだけで、ラップトップとデスクトップの操作性が同じになり、かなりよくなりました。

購入の際、ちょっと下調べが足りませんでしたね。反省点としては、キーボードを購入の際はキー配列をきちんと確認する癖をつけましょうと…。(泣

でも、Apple純正でキー配列は違うなんて普通思わないじゃないですか、よく調べたら価格コムでめっちゃ酷評の嵐でしたよ。

比較画像がこちら。右下の部分、デザイナーにとっては重要なポイント。

capsロックキーは作業ではほぼ使わない不要なキーなんだけど。位置はそれほど問題ではなくて、ラップトップとデスクトップで統一されたキー配列であることを優先してます。

今後、キー配列が変わることがあればまた、それに合わせないといけないですね。


ということで、結局この組み合わせ…。

最近発売されたアップル Apple Keyboard (テンキー付き) -US MB110LL/AはMacbookProと同じ配列なので、安心して購入できます。テンキー派はこちらでしょう。

ということは、キー配列が違うAppleキーボードは無かったことに…、一体なんだったんだ(泣。 予備のキーボードとしてしまっておきます。