Adobe Illustrator CCとPhotoshop CC に切り替えました。

とうとう、仕事で使用してるグラフィックソフト、AdobeのillustratorとPhotoshopをcs5からCC(Creative Cloud)に切り替えました。

Adobe Illustrator CC 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

このセット。
現状これが、IllustratorとPhotoshopを一番安く利用できるプランだと思います。
(パッケージではなく、少し安いオンラインコード版をで購入しました)

取引先から貰うAIデータが、cs5で開けないケースが増えてきて、そろそろcs5のままでは、やばいなと思っていたところに、Windows7からMacOS Sierra への乗り換えが重なったのが大きい。

古いOSでcs5を後2年使い続けるなら(Windows7が2020年でサポートし終了&CS5の対応OSはWindows7まで)少し早いけど、早めに切り替えて効率を上げることにしました。

以前、取引先から、渡されたaiデータをCS5で開いたら、どうやらCCのデータだったようで、あるはずのレイヤーが消えていたってことがあって・・・。 途中で気づいたからよかったんだけど、気づかずにいたら終わってから、最初からやり直しになりかねんなと肝を冷やした経験がもあり。。

そんなこんなで、CSで限界まで行くより、経費は増えますが、早めにCCに変えた方が作業時間的にも、効率的にも結局は、お得なんじゃないかと思とります。

何より今後、OSを変えたとしても、WinとMac両方で使える。OSのバージョンが変わっても、ずっと対応してる。TypeKit(フォント)が使える。と使っているとメリットが多々ある。

せっかくなので記念に、起動画面載せておきます。

今こんなだったんですね。以前のヴィーナスは見る影もないね。

おまけで、Lightroom

というわけで、外部とのデータのやりとりがあるデザイナーさんはそろそろ限界ではないでしょうか・・・。

今、CC5周年記念40%OFFと安いので、良いタイミングかと思いますよ?

Adobe Creative Cloud 特別価格キャンペーン 6/2まで)

コメント