iPadProでPhotoShopとillustratorが動けば、デザイナーはみんなiPadProを買うと思う。

最近、思ったこと。

僕は15インチのMacBookProを使用していて、あと持ってるデバイスはiPhoneSE。

このノートパソコンと、4インチスマホの間を埋めるのに8~10インチくらいのタブレットがあればバランスが、ちょうど良いんだよね。

主に、雑誌を閲覧したり、文章も打てるし、ネットもできる。

ノートパソコンは机がないと操作が億劫だし、スマホは、ポケットにいれて、持ち運びに便利だけど、dマガジンやマガジン★ウォーカーで雑誌を読むには小さすぎる。もちろん仕事はできない。

それに比べて、タブレットは、机がなくても使うのが億劫じゃないし、大きめの誌面も読みやすい。持ち運ぶのも、カバンが要るけれど、それほど億劫じゃない。

このPCとスマホの隙間のタブレットで仕事ができたら完璧だろう。

ここにきて、先日Appleから新しいiPadProと、iOS11が発表。

フォルダとかドラッグ&ドロップなど、よりMacOSぽいオペレーションシステムになるらしい。

個人的には、MicrosoftのSurfaceみたいにMacOSを積んでしまって良いからiPadで、PhotoShopとIllustratorが使えるなら大歓迎だし、そう思ってるデザイナーは多いのではないか。 自宅はPC、出先ではiPadでデザイン業務の対応できればSOHOワーカーとしては、この上なくスキがなくなるだろう。

あと数年かな、ちょっと期待して待つことにします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする