auが全然自由じゃない。11年以上の契約でも家族割に加入してないと更新月以外は解約金10,260円。

auの長期契約者は注意。
ネガティブキャンペーンが続きます・・・。

今回は、妻のスマホをauからMNPしようとしたところ、事案が発覚。

auの加入年数が11年目以降で、2年縛りの解約金が3,000円になるという情報は知っていて、妻は11年以上の長期契約だったので、MNPしようと思って、MNP窓口へ電話したわけなんですが…。

au「解約手数料が3,240円と・・・、誰でも割の契約解除料1,0260円で~」

えー、11年以上使ってれば3,000って聞いたんですが?って聞いたら、家族割にも入ってないとダメなんだって。

そういえば、私もauだった時は、家族割入ってたけど先にauをやめたから、妻の家族割も無くなったんか。。

公式だと下記のページに書いてあります。

【誰でも割/誰でも割ライト】契約解除料はどのようなときに発生するのですか?

auの加入年数が11年目以降で「誰でも割」と「家族割」の両方に加入している場合、契約解除料は3,000円です。

一度電話を切って、再度計算してみたけど、更新月まで待ってMNPしたほうが安いため、今回は見送り。あー、auあんたどんだけ俺の前に立ちふさがるんだw。

家族割の罠

以前は家族割に入っていた契約者としては、先に家族が解約していくと最後の1人は家族割が自動的に解除されちゃうわけで。その場合、結局11年以上使っても意味ないっていうところがもやもやするんだよね。

家族割に加入するには、家族のうち二人以上が、auを契約してるってことで、2年縛りの更新月が一緒じゃないと誰かひとりは損するわけで…。

調べてみると、それでもMVNOの方が安いからって解除料を払ってauを解約する人も多いみたいだけど。10年以上使ってくれたお客様にその仕打ちかいって言うね。。。

今回も思ったけど、携帯キャリアのプラン(自分の場合はau)はそれなりに調べて、離れようとする行動しをても、結局何かしらの縛りでうまくいかないことが多い。契約内容が本当に巧妙になっていて、正直、疲弊します。

auはあたらしい自由というブランドコンセプトらしいけど、全然自由じゃないw。
source:auブランドについて

こうなると、解約したらもう、二度とauには戻らないだろうな。例えば子供が生まれて家族が増えてもauは契約しない。だって疲弊するの嫌じゃん?

これが、サクッと解約させてくれたら、長い人生また、再度契約することもあるかもしれないのにね。

長い目でみれば2年縛りの契約解除料って、目先の売り上げを数か月伸ばすだけで、未来の売り上げを逃してるんだよ。

今までは、3大キャリアの独占市場だったからそれでも、3社を渡り歩くしかなかったから強気なんだろうけど。もうMVNOが参入してきたからそうも言ってられないでしょう。 近いうちに、誰でも割のようなプランもせめて2年経てば、その後はいつでも解約できるようにならないと、マジでどんどん契約減りそう。

自分の商売でも目の前のお金だけを見ないで、未来の売り上げをみようと思わせてくれたし、クライアントには簡潔な分かりやすさも大事なんだと、気づかせてくれた一コマでした。

コメント