【コーヒー】インスタントコーヒーの意義

豆&ドリップにハマる前は、インスタントコーヒーを良く飲んでました。

最近、近所のスーパーが開店セールで、ネスカフェ ゴールドブレンドが400円程だったので、安っ!と思い久しぶりに購入したんだよね。

今は、レギュラーソリュブルコーヒーと呼ぶらしいが・・・。中身は一緒か。

飲んでみたら、う~ん、こんな味だったっけ??

以前より全体的に味が薄く感じるように・・・。

sf17022801

そのあと、ドリップしたコーヒーを飲むと、コクと滑らかさが違う。
インスタントは香りはすごくするので(何の香りかはわからないけれど、、)良い匂いはすごい感じる。でもお湯(水)と粉の混じった感じがして、舌がざらざらする感じは否めない。

sf17022802

三日月は、淹れたての香りと味わいの証 ということだけれど、これって粉末が溶け切ってないってことだから、あの舌触りになるのも当然。ただ、それが嫌かと言われれば、嫌いじゃないんだよね。これはこれで好き。わざと粉残しているんだろうな。。

慣れとはすごいもので、コーヒーの奥深さにほんの入り口だけど、再確認した。やはり違う飲み物なのだと実感せざるを得ない。

インスタントはやっぱり簡単だし、毎日のコーヒーブレイクのローテーションに挟めば、頭だけじゃなく、舌もリセットできるので気分で飲み分けるのも楽にできるし常備しても良いと思うよ。

インスタントの一位と、コーヒー豆の一位を一杯あたりの価格計算してみたけれど、1円程しか差が無いからね。

コメント