給与所得の所得税徴収高計算書(納付書) 納期特例申請済みの場合1月~6月分の提出は7/10まで

青色専従者の節税効果は抜群なんですが、
(→青色専従者の節税効果は偉大

そのためには毎月支払っている専従者給与の所得税徴収高計算書(納付書)を毎月税務署に提出することになっています。

ただ、毎月は大変ということで、年2回、7月と1月の2回でいいよ~っていう、特例がありまして、『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』を申請していれば、年2回の提出で済みます。

 

1月~6月に支払った分の締め切りは7月10日。

本日、提出してきました。 書いて出すだけ、簡単です。

sf2016070701

専従者としての妻に給与を払っていて、源泉所得税は0円ですがその場合も、0円と記載して提出しないといけません。

sf2016070702

自分の場合、毎月10日が支払日で、妻への給与額は8万円。

今年の2月に特例を申請して、3月から特例を受けたため6月までの4か月分で32万円支払って、税額¥0で提出となります。

 

MFクラウドに分かりやすい説明があったのでリンクしておきます。

所得税徴収高計算書の記入方式

 

7月~12月に支払った分は来年の1月20日までに、税務署に提出となります。

専従者給与を支払っている自営業者の人は、提出をお忘れなく!

コメント