請求書もクラウドで。Misocaで脱Excelを目指す。

SOHOにとって、見積書や請求書の作成作業は、切っても切れないモノ。

自分の場合、見積もりや請求書は、取引先で問題が無ければ、

  • Excelで作成→PDFで書き出し→PDFをメールに添付して取引先へ請求

という流れで、やっていますが、ちょっとイレギュラーの見積書を出す機会があったので、前から気になっていたMisocaを使ってみた。

 

クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

 

sf2016052001

 

いちいちExcelの見積書テンプレートをWEBから探して、気に入らなくて自分で作り直して…って感じで無駄に時間つかってしまうことってありません?WEBに落ちてるテンプレートってなんか古臭いというか…。
Misocaなら、お堅いデザインから今どきっぽいデザインのものまで、一覧からテンプレートを選べるし、一瞬でテンプレートを変更出来るので、かなり効率が良いです。印鑑の位置も変更できたりとバランス調整も可能。いや、かなり良いですね。

しかも、かなりのことが無料でできちゃいます↓

sf2016052003

基本的な、見積書・請求書・納品書といったところがWEB上で作成できて、そのままWEB上に保存される。
PDFへの書き出しも無料。自分は、そのまま書き出してPDFで請求書をメール添付で送ってます。

 

sf2016052004

郵送代行も有料でしてくれるので、郵送じゃないと取り合ってくれない取引先には、そのまま郵送まで代行してもらうこともできます。
見積書のFAX送信も有料でしてくれるのでFAXの無いSOHOには便利かと。

 

あとは、会計ソフトと連携できるのが良いですね。
freee MFクラウド会計、弥生などと連携できるので、会計ソフトへいちいち請求額を打ち込まなくて良い。

sf2016052005

 

他にも、まだまだ連携できるサービスが色々。いずれ利用するかもしれませんね。

sf2016052006

 

Misoca(みそか) を使って思うのは、よりフリーランスの側に立った考え方で提供しているなと。Misoca(みそか)自体がベンチャーなので、フリーランスに近い感性だからなのかな。

クラウドで運用しているフリーランスは、時間コストや連携効率にシビアな人だと思うんですよね。早めに脱Excelをしないと、そういった人たちとの差がどんどん着いちゃいそう。

とにかく、こういったサービスはSOHO・フリーランスにとっては大きな力になってくれますので、無料なので、ぜひ一度使ってみることをおすすめします。

 

 

コメント